Topicここしり隊

Topicここしり隊は
Twitterの話題スレ、芸能情報やニュース、
スポーツ、海外ニュースなど、
様々なカテゴリをまとめて紹介しています。

    誤飲

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    誤飲 (2)


    誤飲すると非常に危険であるにもかかわらず、簡単に取り出すことができてしまうボタン電池で昨年12月、1歳5か月の女児が死亡した。家族はすぐに誤飲に気付かず、病院でボタン電池を摘出した時には食道に穴が開いていたという。母親が『TODAY』などのインタビューに応じ、「ボタン電池の危険性を知って欲しい」と訴えた。

    米テキサス州ラボック在住の2児の母トリスタ・ハムスミスさん(Trista Hamsmith、39)の次女リースちゃん(Reese)は昨年10月末、急に無気力になり、呼吸をする時にゼイゼイと音を出し咳き込むようになった。

    当時1歳5か月だったリースちゃんは小児科医院で咽頭炎と診断されたものの、2日経っても体調は一向に改善しなかった。そしてトリスタさんが「何かほかに原因があるに違いない」と思い始めた矢先、電池の蓋が開いたまま床に転がっていたリモートコントローラーを発見した。

    よく見ると入っているはずのボタン電池がなくなっており、トリスタさんは「もしかしたら誤飲したのではないか」とリースちゃんを緊急治療室に連れて行った。

    トリスタさんは「ネットで調べてみると、咽頭炎はボタン電池の誤飲の症状とよく似ていることが分かりました。病院での検査の結果、リースの食道にはボタン電池が留まっていることが分かり、緊急摘出手術が行われたのです」と当時を振り返る。

    ボタン電池は、誤飲して食道に停滞すると短時間で重度の化学やけどを引き起こす。誤飲後すぐに摘出されたなかったリースちゃんの場合は食道で癒着して放電し、停滞した部分に穴が開いていた。リースちゃんは手術数日後に一度帰宅したものの、再び容体が悪化して入院を強いられた。

    こうしてCTスキャンを行った結果、リースちゃんは食道と気管に穴が開き、瘻孔(ろうこう)という通り道ができていることが判明した。もともとは食べ物と空気の通り道という全く違う働きをするものが繋がってしまったため、リースちゃんには胃ろうチューブが付けられ、薬で眠らされると人工呼吸器に繋がれた。

    トリスタさんはその後のリースちゃんの様子について、次のように述べた。

    「今思い返せば、栄養を摂るためのチューブが取り付けられた朝を最後に、リースリースらしさを失ってしまったのです。」

    12月に入ると、瘻孔を治療する手術が行われ、しばらくすると人工呼吸器を取り外して様子を見ることになりました。私たちは退院を心待ちにしていましたが、リースは私が席を外した2~3分の間に急変し、心停止状態に陥ったのです。部屋に戻った私は、医師に囲まれるリースを見てショックで震えが止まりませんでした。ただこの時は、8~10分の処置でなんとか持ち直しました。」

    人工呼吸器を外すことは難しく、リースはその後、楽に呼吸できるようにと気管切開手術を受けました。しかし3日後に再び心停止を起こし、医師らは心肺蘇生法などを30~40分ほど行いましたが、リースが目を覚ますことはありませんでした。昨年12月17日のことでした。」

    なおトリスタさんはリースちゃんの死後、非営利団体「Reese’s Purpose」を立ち上げ、次のようなメッセージを発信し活動している。

    ボタン電池で子供たちが亡くなっています。子供たちを守るためにも、企業にはより安全な製品を作るよう努力してもらいたいのです。そしてより多くの人にリースのことを知ってもらい、ボタン電池がいかに危険であるか知って欲しいと思います。」

    画像は『Pray for Reese Hamsmith 2020年11月14日Facebook2020年11月15日Facebook2021年2月17日Facebook「We have opened a Instagram for ReRe.」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    原因としては炎症が多いが、ほかに先天性耳瘻孔のように先天性奇形によるもの、口蓋のように外傷や医原性に発生するものもある。また、嚥下が不可能な患者に対する栄養剤の注入のための胃や、消化管内腔の減圧等を行うために人工的に造設される、皮膚から直接消化管へ繋がる穴のことも指す。 日本では、特に児童出産に伴い発症する産科瘻孔(Fistula
    3キロバイト (330 語) - 2021年2月27日 (土) 00:55


    24時間ずっと赤ちゃんを見てる事は不可能だけど、誤飲防止として手の届かないところに物を置かないことが一番です。

    <このニュースへのネットの反応>

    問題に詳しいわけじゃないが、幼い子が電池を誤って飲んでしまうという問題でええのかな。亡くなったお子さんにはお悔やみ申し上げます。ただ申し訳ないのだが、素人目でなんだが、電池が悪いわけじゃなく親が管理できていないからだと思うのだが。


    よし、子供が飲み込めないくらいデカくしよう。


    手の届かない場所に置くのは当然なんだけど、色んなリモコンとか機器に使われるから完全には無理なんだよね。フタを頑丈にするしかないんだけど、だからといって、開けるのに大人でも難しい構造のフタは許せん


    言っちゃあ悪いが親の認識がこんなんだから子供が犠牲になったのかねぇ...


    電池に限らず、誤飲の危険があるものを幼児の近くに置いてはいけません。


    親の責任としか


    お悔やみを。蓋の開閉に、スマホのSIMスロットのような機構を付ければ良いかも...


    親の責任というがヒューマンエラーは起こるものだからメーカーの努力が必要。安い製品で安全性に問題があることが多いのはそういうコストを削ってるのがある。ちゃんとしたメーカーの製品を買うのも大事


    みんな知ってるだろ。


    ボタン電池が収まっている箇所の蓋が開きにくかったり、コイン使わないと開けないようになっている製品があるけど誤飲防止だったのか


    ほんと、目が離せない時期やでぇ…口とか鼻にも突っ込んじゃうから


    ボタン電池の誤飲危険性、50年前からずーっと広く周知されていたはずだが。


    日本製品はボタン電池のフタはねじ止めか二重ロックだよな


    ボタン電池に限らず、呑み込めそうなサイズのものを赤ん坊の手の届くところに置くと、ろくなことにならないよ。


    監督不行き届きな親が悪いのに電池の所為にするとか、蒟蒻畑を乳児に与えて窒息死させて製造会社を訴えた遺族並みに頭おかしいな


    アメリカ人って日本人から見るとありえないくらい科学知識のない人がごろごろいるから,この手の日本では広く知られているようなことでもアメリカでは知識層と呼ばれる人たちしか知らなかったりする.日本の教育制度はよく欧米に比べて画一的で個性を伸ばさないとか叩かれるけどそれが必ずしも悪いとは言えないってことだ.


    監督不行届の面がゼロとは言わんが、日本ではボタン電池使うものって工具を使わないと開けられないようになってるから、比較的こういう事故は起こりにくい。偉そうに「監督不行届だー」とか言ってる奴に限って車のキーとかテーブルの上に置いてたりするんだろうな。


    かわいそうに…まあ実際1歳半ぐらいだと手の届かない場所に置くのはもちろんだがほんと気を付けないと怖い、特に日本でもLEDで光る置物なんかはボタン電池だから(器用な子だとねじとか外せたりもする)まあふた昔前はさらにテープ系のセロハン飲みこむとかあったし…そう思うと危険物減ってるはずなんだけどなぁ


    ボタン電池の危険性を知った方がいいのはもちろんだろうが、ボタン電池でなくても喉につまって窒息したら簡単に死にますので他のものにも気を付けて。


    知ってる。だからそういうものは幼児の手の届かない場所に保管してる。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ジェルボール (2)

    幼い子の不慮の事故のほとんどが、親が目を離した隙に起きている。そのうち誤飲の比率は常に高いが、多くが子供にとって「美味しそうに見えるもの」で起きていると言えるのではないだろうか。またひとつ、痛ましい誤飲事故の話題が海外から伝えられた。

    ■育児はベテランの両親

    スコットランドイースト・ダンバートンシャーのレノックスタウン区に暮らす、デヴィッドシェパードさん(36)とパートナーメリッサ・ケアニーさん(27)。

    2人は10歳、7歳、3歳、2歳、そして生後10ヶ月の5人の子供を育てる目まぐるしい日々を送っていた。そんな中、思わぬ悲劇が末っ子のピアースシェパードくんを襲ったという。

    関連記事:1歳児が大量のマグネットボールを誤飲し緊急摘出手術 「助かったのは奇跡」と医師

    ■母は夕飯の支度で気づかず

    当時、母親のメリッサさんはキッチンで夕飯の支度に追われ、ハイハイができるピアースくんは誰にも気づかれずに洗濯機に近寄っていた。

    そこで洗濯用のジェルボール1個を発見したピアースくん。口に含んで歯を立てたことから主成分の界面活性剤、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキルエーテル硫酸エステル塩などが瞬時に口に広がった。

    ■焼けただれた消化器官

    メリッサさんは車にピアースくんを乗せ、グラスゴーのクイーンエリザベス大学病院/王立子供病院へ。ところが車内で嘔吐と下痢が始まり、顔色が悪くなっていった。

    内視鏡や画像診断により、消化器官の粘膜が焼けただれ、呼吸器が腫れ、肺水腫が起きていることがわかった。現在は安静を期すため意図的な昏睡状態にある。

    完治への期待について医師は「わからない」と話しており、何らかの後遺症が起きる可能性があるため、しばらくは集中治療室での観察が続くという。

    ■握るだけで裂けるフィルム

    子供たちの手が届かないよう、ジェルボールが入ったケースを常に高い所に置いていたメリッサさん。床に1個落ちていたことには全く気づかなかったそうだ。

    またメリッサさんは、メディアの取材で「有毒な化学物質だとは理解していましたが、わずか1個のジェルボールで命の危険に晒されるとは…」と絶句している。そして世界中の親たちに、保管には十分気を付けてほしいと呼びかけた。

    ジェルボールに関する事故のほとんどが3歳以下で起きているが、水に溶けやすいフィルムは弱く、子供が握った勢いで目に入る事故も多いという。

    ・合わせて読みたい→女には理解不能の快楽? 30歳男性の膀胱から長さ60センチの「異物」

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    化学物質(かがくぶっしつ、chemical substance)とは、分野や文脈に応じて以下のような様々な意味で用いられている言葉である。 原子、分子および分子の集合体や高分子重合体のような、独立かつ純粋な物質。混合物や不純物が多いものは除外される。特に化学が研究対象とするような物質
    11キロバイト (1,595 語) - 2020年5月25日 (月) 08:01


    子供は何でも口に入れるので十分に注意しなければいけないです。早く元気になりますように。

    <このニュースへのネットの反応>

    こわっ日本だと主にアリエールとボールドが出してるのか


    絶対こういう事故起きると思ってた。おいしそうだもんw


    なぜ固形洗剤はおいしそうな形状と色なのか


    便利なんだけどな…


    そんなものを地面に置く方が悪い


    そうだな!包丁もカッコいいのあるけど1本でも刺されば命に係わるし、車も見た目カッコいいの多いけど事故したら命に係わるし、電気とかもし扱えたらバチバチ出来てカッコいいけど危険だし全て規制すべきだな!


    物心つかないガキは危険物と同じくらい気を使わんといかんぞ・・・


    そりゃ毒の塊だしな


    奇麗な色してるとホント口に入れたくなるからな、キャンディみたいに


    やわらかいグミっぽいし良い匂いするし幼児ならそりゃ食うわ


    粉末洗剤や液体洗剤のほうが量を調節できるのに、なんでジェルボールなんて不便な形にしているのか、売れるのかがわからない。


    そんなもの地面に置くのが悪いとか言ってる阿呆はちゃんと記事読もうな。しかしこういう事故はしっかり注意してても起こってしまうもんだ。この件に関しては若干不便になるが個包装にするくらいか?メーカーができる対策は。


    そんなんジェルボールに限らんだろ、ホウ酸団子でも同じ事だわ。


    界面活性剤は少量でも良くない。 後、僅か1個のというが、その1個のジェルボール洗剤で65リットルの水に洗浄力をもたせ6kgの洗濯物を洗えることを考えると10ヶ月の子供に対して致命的になりうるのも当然といえば当然。


    これがもし本当なら、親にとっても悲しい事件だよね。どうか治って欲しい。


    10歳や7歳に下の子の管理をある程度任せる事はできなかったんだろうか。俺が乳幼児だった頃は3歳上の兄貴にいくらか面倒見させてたと母親が言ってたが・・・。


    ジェルボール洗剤を口に入れるチャレンジ動画がようつべじゃ流行ってたらしいがつくづく阿呆だなぁ…


    習近平毒殺未遂説


    これは別にジェルボールが美味しそうとかそういうんじゃないんだよな(それはある程度育った感性による)赤ちゃんはマジでなんでもまず口の中に入れるっていう習性があるから誤飲しそうなサイズのもんはご法度になる、ボタン電池とか画鋲とかだって飲むぞ


    ・・・・結構大きくなってから 初めて中にいろいろ入った半透明の石鹸見たときかじっちゃったな・・・・;


    幼児は美味しそうとか抜きに口に入れるからなぁ。小学生とかなら見た目の問題もあるだろうけど。赤ん坊はボタン電池とかタバコとか飲み込んで惨事になる事件よく聞く。




    このページのトップヘ