ハロウィン (2)

 今年もハロウィンの季節がやってきた。日本でも仮装してパーティを楽しむ人が増えている。そんな楽しいはずのハロウィンでも、銃絡みの事件は後を絶たないようだ。
 アメリカロサンゼルスの住宅で昨年発生した銃乱射事件の容疑者が特定され、12人が逮捕されたと海外ニュースサイト『KTLA』および『People』が2020年9月8日までに報じた。

 ​>>着ぐるみに子供が暴力、母親は止めずに逃げるのを阻止 スタッフ1人がパニック発作に<<​​​

 記事によると、2019年10月29日ロサンゼルス郊外の一軒家で、ハロウィンパーティを兼ねた誕生日パーティが開催されたという。この日は家主の親戚や友人ら30人ほどが集まっており、庭でパーティを楽しんでいた。午後10時40分頃、黒っぽい服を着た男たちがフェンスを乗り越えて庭に侵入。突然銃を発砲したそうだ。ゲストらは家の中へ逃れようとしたが、男たちも追ってきて、銃を乱射したという。結果3人死亡、9人が重軽傷を負った。男らは現場から逃走した。

 警察は重大事件として捜査を開始したが、銃を乱射した男たちが顔を隠していたこともあり、捜査は難航。家主や被害者の中に、ギャングと関わりのある人はいなかった。警察は、事件発生から9カ月後、男たちが現場に乗りつけたと思われる3台の車の映像を公開。この映像は現場近くの防犯カメラに映っていたもので、広く情報提供を呼び掛けた。映像公開から2カ月後の9月2日、警察は地元のカンボジア系のギャンメンバー12人(12人のうち2人は別件で逮捕済み)を本件で逮捕したと発表した。事件で使用されたと思われる銃も押収したそうだ。

 警察の発表によると、容疑者となったギャンメンバーらは、敵対するギャングと抗争していたという。警察の調べでは、容疑者らは襲撃する家を間違えたか、または敵対するギャングの家と思い込んで襲撃したか、どちらかとみているそうだ。警察は、逮捕した容疑者12人のうち、殺人罪などで8人を起訴。有罪となれば、8人とも死刑の可能性があるという。

 ハロウィンの夜は、こうした「勘違い」による銃撃事件が度々発生するようだ。日本人留学生が射殺されたケースもある。1992年10月17日夜、ハロウィンパーティへ出かけた日本人留学生が家を間違えて射殺された事件で、のちに「日本人留学生射殺事件」と各社が報じた有名事件だ。

 各社の報道によると、アメリカルイジアナ州の高校に留学していた当時16歳日本人男性(以下被害者)は、ホストファミリーの同年代の男性(以下A)と仮装して、ハロウィンパーティへ出かけた。2人はパーティ会場と間違え、当時30歳の男性が住む住宅を訪問。2人は玄関をノックしたが応答はなかった。2人が来た道を戻ろうとした時に、男性が銃を手に持って出てきて、被害者を銃で撃ったという。BBC2019年10月19日付記事によると、Aの話では、男性が玄関から出てきて、銃口を向けられた時、被害者は歌いながら陽気な口調で「パーティで来たんです」と返答したという。男性は「動くな!」と叫んだが、被害者は男性の言葉を理解していなかったようで、男性の方へ前進していき、撃たれたと語っている。被害者が警告を受けてもなお前進した理由には諸説ある。この日はコンタクトをしておらず、銃が見えていなかったと示唆する人もいる。被害者は病院に搬送されたが死亡が確認された。後日、警察は殺人罪で男性を起訴。陪審員裁判では、男性の「正当防衛」が認められ、無罪判決が言い渡された。なお、慰謝料などを求める民事裁判では、男性に対し賠償を命じる判決が言い渡されている。

 他にも、アメリカペンシルベニア州の住宅で開催されていたハロウィンパーティで、白い房のついた帽子をかぶり、黒っぽいコスチュームで仮装していた当時9歳の少女が、スカンクと間違えられて、親戚に銃で撃たれたとの『Daily Mail』の報道(2012年10月21日付)などがある。なお、少女は肩を撃たれて病院に運ばれたそうだが、その後の容体は伝えられていない。

 ハロウィンの時期に限らず、何か問題が発生した場合、解決する方法はいくらでもあるだろう。銃で解決する方法を選べば大惨事を招きかねない。今後もこうした事件が発生しないことを願ってやまない。

記事内の引用について
Gang members went to wrong home in 2019 Halloween party shooting that left 3 dead, 9 hurt: Long Beach police(KTLAより)
https://ktla.com/news/local-news/gang-members-went-to-wrong-home-in-2019-halloween-party-shooting-that-left-3-dead-9-hurt-police/
Gang Members Went to Wrong House and Killed 3 Innocent People Celebrating Halloween: Police
(Peopleより)
https://people.com/crime/gang-members-went-to-wrong-house-killed-3-innocent-people-halloween-police/
「銃のない米社会を」 服部君射殺事件から25年(日本経済新聞より)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22294600W7A011C1000000/
Yoshihiro Hattori: The door knock that killed a Japanese teenager in US(BBCより)
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-50063364
Girl, nine, in Halloween costume shot by relative after being mistaken for a SKUNK(Daily Mailより)
https://www.dailymail.co.uk/news/article-2221094/Girl-9-Halloween-costume-shot-relative-mistaken-SKUNK.html

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

ハロウィン、あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは悪魔やサウィンなどを崇拝し、生贄を捧げる宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定
61キロバイト (7,899 語) - 2020年10月22日 (木) 10:04


こうゆう記事を読むとつくづく日本人で良かったなと思います。

<このニュースへのネットの反応>

なまり玉という名のお菓子といたずら


てへテロ👅


1992年の事件は、”フリーズ(止まれ!)”と”プリーズ(どうぞ)”を間違えたのではないか?と言われているね。いやな事件だったね…。


撃たれた本人は即死だったのになぜ聞き間違えたと言われているのかがわからん


『ハロウィンの夜は、こうした「勘違い」による銃撃事件が度々発生するようだ』 いや「ギャングが襲う家を間違えた」は別物だろ、襲撃は最初からやる気じゃねーか


>>ニャメ小僧  被害者は日本人だし、アメリカ人は基本的に発音が汚いし、フリーズをプリーズと聞き間違えたという推測は充分考えられる。あくまでも「推測」だからな。問題は、本当に気軽に引き金を引いた加害者と無罪判決を出した陪審員の○ソどもよ


銃で武装してお菓子もらいにいかないのが悪い


彼らは銃で武装してパーティーをしていれば助かった!(`・ω・´)キリッ


渋谷のハロウィンを銃撃してくれ


無ければ起きない事件なのにね


↑を見て、インドだかコロンビアだかで、マフィアの葬式と知らずに強盗へ行ったら、完全武装の参列者から返り討ちにあった泥棒の話を思い出した。武器が一般的だと、襲う方も、襲われる方もヤバいのは良くない。


まぁ コロナで勝手にきてもらっても困るしなぁ・・・


きっちり全員死刑にしてやってください。間違われた人らが不憫過ぎる。


忘れるな、ロドニー・ピアーズ事件


全米ライフル協会「被害者が武装していれば返り討ちにできた」


逆に侵入者(子供)のほうがショットガンで撃たれる案件の有る国だからな


開けっ広げなパーティー文化と、藪を突くと鉛玉が飛び出す銃社会が絶望的に相性悪いんじゃないかね、アメリカ


銃は悪くない。使う人間が悪いのよ


記事後半いらなくね?


日本人が撃たれた事件はwikiとかに詳しくのってるけど、実際には人を撃ちたくてしかたなかった頭おかしいやつが理由を後付で家に来た奴に問答無用でぶっぱなしたって話らしいぞ


マフィアが全部悪いで済む内容


「フリーズ!!」「えっ、フリーズってどんな意味だ?フリーズ…フリー… 自由かっ! よし、全身で自由を表現しよう。ヒャッハー アイム フリー」「怪しい動きだぁぁぁ!」パァン ってのは、コミックゲーメストの4コマのネタだったかな。


ライフル協会「パーティー側が銃を撃っていれば返り討ちにしてた」


さすが野蛮人だな


1992年の事件は、奇跡体験!アンビリバボーで見たなぁ・・・撃たれた側の人視力悪かったのもあるけど、銃撃った側の人アルコール反応出ててさらに硝煙反応調べたところ銃口から1mぐらいの距離で撃ったとかだったと思う。あと賠償を命じる判決でたけど撃った人は自己破産して支払われてなかったはず。


復活祭だから死に戻りするでしょう


トリックオアトリート(銃乱射)


↑それに尽きるよなぁ


何故スカンクを撃ったのか。撃つのが普通なの?


>YUYU ちゃうねん。「パーティ」だから襲撃しに来るんだよ。ギャングの主要メンバーが集まるんだよ。マフィア映画でもよくあるヤツ。


カンボジア系マフィアなんているのか。あれだけ死体の山を築いておいてまだ虐殺を望む辺り、やはりアホしか残らなかったんだろうな


タイニー・ラスカル・ギャングっていう、東南アジア系最大のマフィアが、ズバリカリフォルニアにあるんだよね。ほぼソレ


銃社会も考え物だね。ちょっとした勘違いが重大な事件に発展してまうから


1992年10月17日のハロウィンのヤツ、当時 日本では「プリーズ」と「フリーズ」を聞き間違えたって報じていたけど、銃を撃った男の知人が事件直後に新しく購入した銃の試し撃ちがしたかったと仄めかしていたと証言しているけど、証言だけでは証拠にはならないと陪審員が判断して無罪になったって現地では報道されてたんだよね


>>通りすがりの誰か ホストが会場間違えたし、パンプキン置いてない家(ハロウィンしてない家)だったし、少年は聞き間違えるしで、ここまでくると射殺も止む無し案件のように思える。


大人しく過ごすのが一番


覆面して襲撃してるから、完全にギャングの抗争だよ。なんかほのぼのを勘違いで惨劇にしちゃった銃社会~みたいな事言ってる人いるけど、全然違うぞ。


一般人には馴染みがないから勘違いしやすいけどマフィアとギャングは全然別物やで。マフィアは元々シチリア発祥のコーザ・ノストラにルーツを持つイタリア系反社を指す。チャイニーズマフィアとかロシアンマフィアとかも言われるけどちょっと誤解を招きやすい。ギャングはカラーギャングみたいに有色人種とかが混じったマフィア以外の反社を指すことが多い。


こういう話があると「銃社会は~」と話題に挙がりがちだが、そもそもギャングが居て、犯罪シンジケート跋扈してて、南部だとメキシコ系の連中もちょろちょろしてる。根本的にアメリカって「治安が悪い」んだよね。


仮装してれば相手も警戒しないで家に入れてくれるからなw


間違えてマフィアの家に突撃でもしたのかな?と思ったら真逆の事件じゃねえか