誤飲 (2)


誤飲すると非常に危険であるにもかかわらず、簡単に取り出すことができてしまうボタン電池で昨年12月、1歳5か月の女児が死亡した。家族はすぐに誤飲に気付かず、病院でボタン電池を摘出した時には食道に穴が開いていたという。母親が『TODAY』などのインタビューに応じ、「ボタン電池の危険性を知って欲しい」と訴えた。

米テキサス州ラボック在住の2児の母トリスタ・ハムスミスさん(Trista Hamsmith、39)の次女リースちゃん(Reese)は昨年10月末、急に無気力になり、呼吸をする時にゼイゼイと音を出し咳き込むようになった。

当時1歳5か月だったリースちゃんは小児科医院で咽頭炎と診断されたものの、2日経っても体調は一向に改善しなかった。そしてトリスタさんが「何かほかに原因があるに違いない」と思い始めた矢先、電池の蓋が開いたまま床に転がっていたリモートコントローラーを発見した。

よく見ると入っているはずのボタン電池がなくなっており、トリスタさんは「もしかしたら誤飲したのではないか」とリースちゃんを緊急治療室に連れて行った。

トリスタさんは「ネットで調べてみると、咽頭炎はボタン電池の誤飲の症状とよく似ていることが分かりました。病院での検査の結果、リースの食道にはボタン電池が留まっていることが分かり、緊急摘出手術が行われたのです」と当時を振り返る。

ボタン電池は、誤飲して食道に停滞すると短時間で重度の化学やけどを引き起こす。誤飲後すぐに摘出されたなかったリースちゃんの場合は食道で癒着して放電し、停滞した部分に穴が開いていた。リースちゃんは手術数日後に一度帰宅したものの、再び容体が悪化して入院を強いられた。

こうしてCTスキャンを行った結果、リースちゃんは食道と気管に穴が開き、瘻孔(ろうこう)という通り道ができていることが判明した。もともとは食べ物と空気の通り道という全く違う働きをするものが繋がってしまったため、リースちゃんには胃ろうチューブが付けられ、薬で眠らされると人工呼吸器に繋がれた。

トリスタさんはその後のリースちゃんの様子について、次のように述べた。

「今思い返せば、栄養を摂るためのチューブが取り付けられた朝を最後に、リースリースらしさを失ってしまったのです。」

12月に入ると、瘻孔を治療する手術が行われ、しばらくすると人工呼吸器を取り外して様子を見ることになりました。私たちは退院を心待ちにしていましたが、リースは私が席を外した2~3分の間に急変し、心停止状態に陥ったのです。部屋に戻った私は、医師に囲まれるリースを見てショックで震えが止まりませんでした。ただこの時は、8~10分の処置でなんとか持ち直しました。」

人工呼吸器を外すことは難しく、リースはその後、楽に呼吸できるようにと気管切開手術を受けました。しかし3日後に再び心停止を起こし、医師らは心肺蘇生法などを30~40分ほど行いましたが、リースが目を覚ますことはありませんでした。昨年12月17日のことでした。」

なおトリスタさんはリースちゃんの死後、非営利団体「Reese’s Purpose」を立ち上げ、次のようなメッセージを発信し活動している。

ボタン電池で子供たちが亡くなっています。子供たちを守るためにも、企業にはより安全な製品を作るよう努力してもらいたいのです。そしてより多くの人にリースのことを知ってもらい、ボタン電池がいかに危険であるか知って欲しいと思います。」

画像は『Pray for Reese Hamsmith 2020年11月14日Facebook2020年11月15日Facebook2021年2月17日Facebook「We have opened a Instagram for ReRe.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

原因としては炎症が多いが、ほかに先天性耳瘻孔のように先天性奇形によるもの、口蓋のように外傷や医原性に発生するものもある。また、嚥下が不可能な患者に対する栄養剤の注入のための胃や、消化管内腔の減圧等を行うために人工的に造設される、皮膚から直接消化管へ繋がる穴のことも指す。 日本では、特に児童出産に伴い発症する産科瘻孔(Fistula
3キロバイト (330 語) - 2021年2月27日 (土) 00:55


24時間ずっと赤ちゃんを見てる事は不可能だけど、誤飲防止として手の届かないところに物を置かないことが一番です。

<このニュースへのネットの反応>

問題に詳しいわけじゃないが、幼い子が電池を誤って飲んでしまうという問題でええのかな。亡くなったお子さんにはお悔やみ申し上げます。ただ申し訳ないのだが、素人目でなんだが、電池が悪いわけじゃなく親が管理できていないからだと思うのだが。


よし、子供が飲み込めないくらいデカくしよう。


手の届かない場所に置くのは当然なんだけど、色んなリモコンとか機器に使われるから完全には無理なんだよね。フタを頑丈にするしかないんだけど、だからといって、開けるのに大人でも難しい構造のフタは許せん


言っちゃあ悪いが親の認識がこんなんだから子供が犠牲になったのかねぇ...


電池に限らず、誤飲の危険があるものを幼児の近くに置いてはいけません。


親の責任としか


お悔やみを。蓋の開閉に、スマホのSIMスロットのような機構を付ければ良いかも...


親の責任というがヒューマンエラーは起こるものだからメーカーの努力が必要。安い製品で安全性に問題があることが多いのはそういうコストを削ってるのがある。ちゃんとしたメーカーの製品を買うのも大事


みんな知ってるだろ。


ボタン電池が収まっている箇所の蓋が開きにくかったり、コイン使わないと開けないようになっている製品があるけど誤飲防止だったのか


ほんと、目が離せない時期やでぇ…口とか鼻にも突っ込んじゃうから


ボタン電池の誤飲危険性、50年前からずーっと広く周知されていたはずだが。


日本製品はボタン電池のフタはねじ止めか二重ロックだよな


ボタン電池に限らず、呑み込めそうなサイズのものを赤ん坊の手の届くところに置くと、ろくなことにならないよ。


監督不行き届きな親が悪いのに電池の所為にするとか、蒟蒻畑を乳児に与えて窒息死させて製造会社を訴えた遺族並みに頭おかしいな


アメリカ人って日本人から見るとありえないくらい科学知識のない人がごろごろいるから,この手の日本では広く知られているようなことでもアメリカでは知識層と呼ばれる人たちしか知らなかったりする.日本の教育制度はよく欧米に比べて画一的で個性を伸ばさないとか叩かれるけどそれが必ずしも悪いとは言えないってことだ.


監督不行届の面がゼロとは言わんが、日本ではボタン電池使うものって工具を使わないと開けられないようになってるから、比較的こういう事故は起こりにくい。偉そうに「監督不行届だー」とか言ってる奴に限って車のキーとかテーブルの上に置いてたりするんだろうな。


かわいそうに…まあ実際1歳半ぐらいだと手の届かない場所に置くのはもちろんだがほんと気を付けないと怖い、特に日本でもLEDで光る置物なんかはボタン電池だから(器用な子だとねじとか外せたりもする)まあふた昔前はさらにテープ系のセロハン飲みこむとかあったし…そう思うと危険物減ってるはずなんだけどなぁ


ボタン電池の危険性を知った方がいいのはもちろんだろうが、ボタン電池でなくても喉につまって窒息したら簡単に死にますので他のものにも気を付けて。


知ってる。だからそういうものは幼児の手の届かない場所に保管してる。