冒険家 (2)


 79年のヴェスヴィオ火山の大噴火の影響で壊滅的被害を受けた、イタリアナポリ近郊にあった古代都市「ポンペイ」。

 その歴史的遺跡を15年前に訪れたカナダ人女性は、あろうことか遺物である出土品を持ち帰っていた。ところが、それからというもの女性の身に相次ぐ不幸降りかかってきたのだという。

 そこで女性は、現地の旅行会社宛てに謝罪の手紙と共に盗んだ遺物を返還した。手紙には、遺物による呪いが長年女性を苦しめていたことが切々と綴られていたそうだ。『The Guardian』などが伝えている。


―あわせて読みたい―

イタリアの古代都市、ポンペイ遺跡で時を止めたまま横たわる死者から型どった石膏像
ポンペイ遺跡の修復プロジェクトで復元される悲しみが詰め込まれた石膏遺体像(イタリア)
呪いをもたらしたと言われている盗まれた10の遺物
古代都市ポンペイで、火砕流で吹き飛ばされ岩石に押しつぶされた男性の遺体が新たに発見される(イタリア)
イタリアの古代都市遺跡「ポンペイ」の壁や通りのあちこちに石造りの息子スティックが。いったいなぜ?

多くの住人の命が埋もれているポンペイの遺跡

 紀元79年、ヴェスヴィオ山の大噴火の火砕流と噴出物により、わずか19時間で完全に地中に埋まった古代都市、ポンペイは、1748年に本格的な発掘がスタートするまで、実に1700年という長い間、その存在が地中深くに眠っていた。

 その後の発掘調査で、多くの人が地面に埋もれ命を失ったことが明らかとなった。同時に当時の暮らしがわかる様々な出土品も掘り起こされ、それらは知られざる過去の歴史を紐解く魅力的な遺物となっており、この地を訪れる観光客も多い。

ポンペイ遺跡

DUOTONE_/pixabay

遺物を盗み持ち帰った女性、15年間「呪い」に苦しんだと主張


 カナダに住むニコールと名乗るその女性は、15年前にポンペイを観光で訪れた。

 当時、20代前半だった彼女は、ポンペイの考古学公園で貴重な古代遺跡の出土品数点を盗み、持ち帰った。

 しかし、そこから彼女に様々な禍が降りかかる。次から次へと不幸な出来事を経験し、それらが盗んだ遺物の「呪い」であると信じるようになった。

 そこで、ニコールは自身の罪を償うため、遺物を返却することに決めた。告白の手紙と一緒に送付されてきた遺物は、アンフォラの一部と2つのモザイクタイル、陶器の一部で、一部を友人にあげてしまったと言うタイルの一部を除く全ての盗品を返却した。

stone_e


 手紙には、次のように記されてあった。

letter_e

これらの遺物を盗んだ当時、誰も持つことができない歴史の一部を自分が持っているという思いに浸りたかった理由で、盗んで持ち帰ってしまいました。

果たして、これらの遺物は破壊された土地に関連した非常に多くの負のエネルギーを持っていました。

現在、私は36歳ですが、この15年の間で2回乳がんを患いました。2度にわたり乳房切除術も受けました。家族は私と共に経済的困窮に陥り、何年も苦しい生活を送ってきました。

その一連の不幸は、私が盗んだこの遺物の呪いだと思っています。どうか、これらの遺物を元の場所へ戻してください。とても不運をもたらすものです。

私は、この呪いを家族や子供たちには伝えたくありません。自分が犯した罪を償いたいです。今は、神の赦しを望んでいます。私がしてしまった悪い行為を、どうか赦してください。


ポンペイ遺物を盗み去り、返還する観光客は多い


 実は、ポンペイから遺物を盗み去っていたのはこの女性だけではない。近年、遺物を現地から盗み去る観光客が絶えず、遺跡管理当局は頭を悩ませているという。

 これまでに100件ほど、貴重な遺物が盗まれては、謝罪の手紙と共に返還されるケースが多発しているそうだ。

vesuvius-4635882_640_e


 今回、ニコール以外にカナダに住むカップルからも同じような荷物が届いたそうだ。

 そのカップルも、2005年ポンペイを訪れ、遺物を数点持ち帰ったが、ニコール同様、謝罪の手紙と一緒に返還されたという。


私たちは、ヴェスヴィオ火山の噴火で恐ろしい死の苦しみや痛みを経験した人々のことを考えずに、この遺物を盗んでしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。どうかお赦し下さい。彼らの魂が安らかに眠ることを祈っています。

罪の意識が呪いを呼ぶ?

 考古学公園のスポークスマンは、ほとんどの場合において、観光客は遺物を「お土産」として手元に保管したいために勝手に持ち去るが、中にはオンラインで販売する悪質な者もいると話している。

2015年には、大手通販サイトのeBayで1958年に遺跡から発掘された出土品のレンガが売りに出されていたことが発見されました。

 現在、「不運をもたらした」「呪い」と主張して謝罪と一緒に返還された遺物は100件ほどになり、ポンペイ考古学博物館ではそれらを展示するコーナーが設けられているということだ。

 罪の意識にさいなまれた結果、不幸が降りかかると思い込んでしまったのか、それとも本当に呪いがあるのかはわからない。だが、遺物を持ち帰って災いがもたらされたケースは多いようだ。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52295629.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

アメリカ大陸の発見を祝う「コロンブス・デー」を公式に「先住民の日」に変更する動き
立ち上がる巨大な水しぶき。第二次世界大戦時の不発弾を水中で爆破処理(ポーランド)
ドイツ騎士団の城で見つかった中世の碑文(ラトビア ツェーシス城)
古代の遊牧民族の間で行われていた残酷な儀式。4人に1人が対人暴力で命を落としていた(シベリア)
2000年以上前のヴェスヴィオ火山噴火の犠牲者の頭蓋骨から完璧な保存状態の脳細胞が発見される(イタリア)

―知るの紹介記事―

白骨死体からナチスの秘密まで、水中に沈んでいたミステリアスな12のあれこれ
ハワイの物件が売れに売れまくっているその理由とは?(アメリカ)
懐かしのインターネット。AppleにGoogle、Amazonなど1999年のサイトデザインはこんな感じだった。
巨大サツマイモがサツマイモを食べているだとぅ?いいえ違います、それはマナティーです
ハリケーンから守るため、約400匹の動物たちを自宅に保護した男性(メキシコ)


(出典 news.nicovideo.jp)

ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域(ポンペイ、ヘルクラネウムおよびトッレ・アンヌンツィアータのいせきちいき)は、西暦79年のヴェスヴィオ山の噴火によって埋もれてしまったポンペイやヘルクラネウム(現エルコラーノ)の都市遺跡およびトッレ・アンヌンツィアータのヴィラの遺跡
28キロバイト (3,801 語) - 2018年12月1日 (土) 14:59


呪いとかただの偶然かも知れないけど、いい薬になりましたね。

<このニュースへのネットの反応>

盗みをやらかした無礼者が、ついでに自分の身に起こった事の責任も呪いって形で遺物に押し付けたっていう不躾極まる話だけど、これで同じ事をやらかそうって連中の抑止になるならそれはそれでいいのかもね。


赦してください、じゃなくてとりあえず「ごめんなさい」の一言を入れろ


何故自分で返しに来ないのか


神も呪いも人心を導く条理なれば。やがて懺悔に至る精神サイクルがあるだけマシだしなぁ。人情のかけ所も無い人間が増えるよりずっと良い。


仏像も帰りたがってるよ


職業柄ガンや重篤な病気で苦しんで亡くなっている人を何人も知っているが、その人たちがこの人と同じような悪いことを何かしてきたとは思わないよ。この世は不平等で不条理なもの。ただそれだけだと思うが


盗んで15年も返さないのが異常。前に日本旅行で人形屋敷に訪れた来た外国人の日記で、書いた人に対して「(人形を)持って帰らなかったの?ばれなきゃいいじゃん」みたいな感想を書いていた外国人がいてぞっとした。盗んで当然…が他の国じゃ普通なのか?


「盗んで呪われて結局返却する人がたくさんいる(だから初めから盗むのやめとけよ)」っていう設定にしたいための仕込みだろ?って思ってしまうのは俺の思考が歪んでるからだろうか?


罰当たりってこういう事なんやなって


「国務長官がどうしたって?」と一瞬でも思った私をお許しください←


平気でモノを盗む品性のない生き物はただの動物であって『人間』ではない。それが「民族性」であったなら、そいつらは生きてる資格は無い。


まぁ、外国との「窃盗」の意識は結構違うんじゃね。日本人て防犯意識ユルいから海外旅行でスリのカモ扱いじゃわ。最近じゃなめ腐った外人が家畜まで盗みはじめるしな


本当に呪いがあるかどうかは分からない。当然、返したからって呪いが解けるとは限らない。まだまだ不幸が続くかもよ。ま、自業自得ではあるが。


盗品「てめえはもうおしまインザミラー!」


おばあちゃんが言っていた。他人の物を盗む奴はもっと大事なものを無くす


許してください 何でもしますから


見方によっては呪いが怖いから返したってだけで罪悪感や謝罪の意識での返却じゃないあたり忘れた頃にまたやりそうな予感。


タイル「濡れ衣着せんなし」


>クロト さん ここ最近は特に自動車の窃盗も増えていますよ、コロナのおかげで一時的に収束していたようですが。アメリカに輸出できる(※)車種に人気がある車が入ったからだそう(※中古車で25年落ちなら緩い条件でアメリカに輸入できるため)


火山の噴火の関係とか、もしくは当時の生活には欠かせないとかで何かしら有毒物質が含まれていたのかな?例えば…ラジウムみたいな(ラジウムも昔はむしろ人気の夜光塗料で…)


海の水を持って帰ってはいけません。  その水はこの星が生まれてから今まで多くの人の命を奪ってそこにある物です。  億を超えるかもしれない命がもがき苦しみ解けて行ったそれを持ち去る事な許されないのですー  とはならんよね?  太平洋には2011だけでも数千人の命が溶けてんだよねぇ。


呪いを広めて持ち帰りさせない方法はいいね。呪いはアホにしか効かないけど、実際アホが持ち帰るわけだから。


島国の人間は「盗む」と逃げ場が無いからバレると「命」に関わるし、資源が乏しいから助け合わないといけなかったが、「大陸」の人間は資源使いつぶしたら隣に移動して資源使いつぶすが当り前の民族性、過去どんだけ戦争してるか。「霊的に生まれ変わる」まで意識は変わらないよw


友人の方は大丈夫なのだろうか


これ言い出すと、ローマ遺跡の研究者は仏教ヒンドゥー教神道などの多神教社会で生まれ育った者に限る、というエキサイティングなことになりそうなので、もっとやれw古代ローマ人の誰も、一神教でしかもわしらの土地を奪って偉大なる国家ローーーーマを瓦解させた元凶の子孫に遺物を触らせたくはないだろうしw


呪いなどは存在せず、起きたことに名前を付けるだけ。本当に怖いのは生きている人間だよ。平気でもの盗んだりするしな


呪いなんて存在しないんだろうが、自分が受けた不幸と結びつけるあたり、持ち帰った事への後ろめたさはあったんだろうな。


呪いが存在するのかは解らないけど、本当にあるとしたら呪いの方もその面の皮の厚さに呆れてると思うわ。 「これだけ呪ってるのに15年も反省しなかったのか」ってさ。


遺体があった空洞に、石膏流し込んで見世物にする方が罰当たりだと思うんだが・・・


日本の仏像を盗んだ国もそろそろ滅びとくか?


歴史は繰り返される。


てか乳癌て再発しやすい癌じゃなかったでしたっけ。しかし15年もかけてじわじわ呪うなんて中々のんびり屋さんの呪いですね。もしくはこの呪われた女性が乳に癌だけじゃなく心臓に毛でも生えているか。


起こるすべての事柄に意味がある・・・というわけではないとは思うけれども、1回患った時に盗んでしまった罪の意識が残ってて、それを呪いに結び付け→脅えてストレスになって再発呼び寄せはありそうだよね。


自分の不幸やうまくいかない現状を盗んだ出土品におっかぶせてこれがなくなれば上手くいく、とか思える精神構造が既におかしいよね。返却した後更なる不運に見舞われた時どう言い訳するんだろ。


魔女狩りの頃から呪いだ何だと成長しとらんな


盗まれたうえ覚えのない呪いで恐れられるポンペイさん可哀そう


どうでもいいけど手紙の字が汚い


いや呪いとかそんなんじゃなくて、ちゃんと罰しないとダメでしょ


遺物を譲渡された友人にも何かしら不幸が降りかかっているのではないのか?


盗品を返しただけでは罪の償いにはならないと思うの


日本も盗まれた地蔵返して


イギリス「大英帝国は落ちぶれたけど返さんぞ?」


あまりの高熱でガラス化した遺体が見つかる所だったっけ。確かに呪われそうだね


15年という時間が一番気になる。盗んだ物を所持しているという罪悪感より珍しい物を所持している優越感の方が勝っていたから所持し続けたのだろう。後出しジャンケンでこれは呪いの品だとか言ってもなんの感慨もない。迷惑をかけ続けた相手に謝罪をするのが先。言葉だけで済むかどうかは相手次第だが。