Topicここしり隊

Topicここしり隊は
エンタメ情報やスポーツ、国内や海外ニュース
SNSで話題のツイートなど『ここしりたい』
情報をまとめブログで紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ? (2)

    シャーペンを使用した児童に女性教師が体罰を行い、怪我を負わせたという痛ましい事件が先日報じられました。事件のあった小学校ではシャーペンの使用を禁じていたようです。

    大人にとっても身近な文房具の一つであるシャーペンですが、使用を禁止している小学校が多いことをご存知でしょうか?

    「鉛筆のように削らなくてよい」「ノックするだけで芯が出てくる」「鉛筆と同じように消しゴムで消せる」など、シャーペンの長所はたくさんあり、大人になってからはむしろ鉛筆よりシャーペンの方をよく使うという人も多いはずです。

    にもかかわらず、小学校シャーペンが禁止されることが多いのはなぜなのでしょうか。「シャーペンを使いたい」という子どもと、シャーペンの使用を禁止している学校。両者の意見を客観的に見ることのできる学習塾経営・プロ家庭教師ならではの視点で解説していきます。(個別指導塾経営、プロ家庭教師:妻鹿潤)

    シャーペンだと字が薄くなるからダメ?

    私が教えている小学生子どもたちに聞くと、やはり多くの学校でシャーペンの使用が禁止されているようです。

    学校によって差はありますが、学校全体でシャーペンの使用が禁止されていることが多いです。ただ、まれに「小学5年生以上はシャーペン可」など、学年ごとにシャーペン使用の可否が決められていることもあるようです。

    ルールなのだから仕方がない」と素直に受け入れている子が多い一方で、「家や塾ではOKなのに、学校でだけ禁止されるのは変だ」と違和感を持つ子もいます。

    一方で「シャーペンは芯がボキボキ折れるから嫌」と、少数ながら鉛筆派の子もいます。筆圧の調整が苦手な子は鉛筆の方が書きやすいと感じているようです。

    小学校シャーペンが禁止される理由としては以下のようなものが考えられます。

    ・字が薄くなる、小さくなる
    ・筆記具の正しい持ち方が身に付かない
    ・分解や組み立てに夢中になって授業に集中できない
    ・高価なものは盗まれるなどのトラブルが起きるリスクが高い

    確かに、小学校低学年くらいの子どもは手先の運動能力が未発達であるため、シャーペンだと芯が折れてしまったり、筆圧が弱くなってしまったりすることはあります。

    一方で、「分解や組み立てに夢中になって授業に集中できない」「高価なものは盗まれる可能性」といった点については、例えば「授業中に消しゴムを飛ばしあう」「人気キャラの鉛筆を盗った・盗られたと揉める」など、その他の文房具でも同じような懸念は起こり得ます。そのため、シャーペンの使用を禁止する理由としては、やや疑問を感じるところではあります。

    「機能的で書きやすい」「鉛筆を削るのが面倒くさい」

    多くの学校がシャーペンを禁止している一方で、小学生の半数がシャーペンを日常的に使っているようです。

    大手文具メーカーゼブラ小学生300人を対象に2015年に実施した「シャープペン使用実態調査」では、シャーペンを使っている子どもは49.6%でした。内訳を見ると、小学校で使っていると答えた子どもは8.6%ともっとも少なく、31.3%だった自宅との差は歴然です。

    小学生シャーペンを使用する理由としては、

    「機能的で書きやすいから」
    「鉛筆を削るのが面倒くさいから」

    というものが上位に並んでおり、次いで「かっこいいから、かわいいから」「均一な太さの線が書けるから」といった理由が続きます。

    この調査では保護者の意見も聴取されていて、「鉛筆のように削らなくて良いので、エコで経済的」「学習意欲が湧くのならOK」「高学年になると問題数も多くなるので、いちいち削っていられない」など現実的な回答が並んでいます。

    一方で、「まだ力加減ができず、芯を折ってしまう」「まずは鉛筆の持ち方を覚えてほしい」というように、学校の先生がシャーペンを禁止する理由に近い意見もあり、家庭によって考え方は様々であることが分かります

    子どもの発達に合わせた文房具選びが大切

    現役のプロ家庭教師でもある私としては、「シャーペンの使用は子どもの発達に合わせて個別に判断すべき」と考えています。

    確かに幼い子どもは手先がまだ不器用なため、シャーペンだと芯が折れてしまったり、適切な筆圧で書けなかったりすることが多いです。しかしながら子どもによって発達のスピードにはかなり差があるため、「○歳からならシャーペンを使って良い」といった基準を作ることはあまり現実的ではありません。

    したがって、筆圧のコントロールや鉛筆の持ち方がどれくらい身についているのか、子ども一人一人の発達度合いを丁寧に見た上で、個々にシャーペン使用の可否を判断していくのが望ましいと考えます。

    一方、学校においては、手先が器用な子はシャーペンを使って良いとしてしまうと、「○○さんだけズルい!」となっていじめトラブルの原因になってしまう可能性もあります。一律で禁止せざるを得ない面があることも一定の理解はできますが、それでも「シャーペンは、鉛筆で正しく字が書けるようになってから使いましょう」などの指針を示した上で、子どもたち自身で判断させることも大切ではないでしょうか。

    小学校で禁じていたシャーペンを使った児童に、体罰を行った女性教師は「シャーペンをしまうことへの指導に固執してしまった」と述べたようです。このようなことにならないよう、学校の先生にはシャーペンを禁止する理由をしっかりと理解し、ルールに固執することなく柔軟に対応してほしいと思います。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    シャープペンシル(英: mechanical pencil, propelling pencil, clutch pencil, lead pencil / 和製英語: sharp pencil)とは、細い黒鉛の芯を繰り出して用いる機械式筆記具である。略称で「シャープ」、「シャーペン」とも呼ばれ、「シャープペン」の表記も一般に見られる。…
    42キロバイト (5,524 語) - 2023年9月4日 (月) 10:14



    (出典 www.irasutoya.com)


    シャーペンは便利だけど、えんぴつは削って使っていると愛着があっていいと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【シャーペン禁止の理由、多くの小学校で今もどうして?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国では統一教、日本では旧称の略称の統一教会、またキリスト教会側からはキリスト教の教会と混同されないよう統一協会と記載され、英語ではUnification Church(統一教会)、Unificationism(統一主義)、開祖の姓から俗にMoonies(ムーニ…
    476キロバイト (72,829 語) - 2023年10月13日 (金) 03:45

    (出典 saiohasso.hatenablog.com)


    やっとここまできたかって感じ。たとえ旧統一教会が解散したとしても、何処かで名前を変えて活動していきそうな気がするのは私だけかな。

    1 ばーど ★ :2023/10/12(木) 15:38:13.07 ID:/i0q9AiN9.net
    旧統一教会をめぐる問題で、盛山文部科学大臣は12日、宗教法人審議会が終了したあと臨時の記者会見を開き、審議会の結果、教団に対し解散命令請求を行うことについて、「相当である」と全会一致の意見だったとして、教団に対する解散命令の請求を正式に決定したと明らかにしました。

    その上で、13日にも、東京地方裁判所に請求すると表明しました。

    以下全文はソース先で

    NHK 2023年10月12日 15時35分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231012/k10014222851000.html

    【旧統一教会の解散命令請求が正式決定「やっとかよ」の声も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    10月8日大阪府大阪市生野区でだんじりの試験曳き中に50代男性が死亡する事故が起きた。この事故はだんじりが左折しようとした際に曲がり切れず、中央分離帯のガードレールに衝突したもので、先頭で指揮をしていた男性がだんじりとガードレールに挟まれて救急搬送されたが、9日朝に死亡が確認された。

    だんじり祭は江戸時代中期に始まったとされており、長い歴史と伝統を誇る。近畿地方を中心にさまざまな地域で開催されているが、もっとも有名なのは大阪で行われている「岸和田だんじり祭」だ。約4トンのだんじりが街中を全速力で駆け抜ける様子を一目見ようと、全国各地から約50万人の観光客が訪れるという。

    しかし、その豪快さゆえ事故が頻発し、2000年以降、だんじり関連の死者数は全国で20人にも及ぶ。ケガ人も多数出ており、その危険性がしばしば議論の対象となってきた。

    実際のところ、岸和田市のある大阪府に住む人々はだんじり祭についてどう考えているのだろうか。そこで、本誌はWEBアンケートツールQiQUMOを使って、調査を実施。大阪府在住の20代~60代の男女300人から回答を得た。(2023年10月9日10月11日

    まず、だんじり祭の是非について、「存続すべき」と答えた人は64%。「無くすべき」と答えた人は36%。肯定派が多数だった。

    存続すべきと答えた理由は、伝統を守るためという意見が多かった。

    《伝統行事であり、危険も含めての意味・醍醐味があるから》(45歳男性/会社員
    《伝統的なものであり、楽しみにしている人も多く、だんじりによる経済効果も大きいと考えるため》(22歳女性/学生)

    また、存続すべきとしながらも、事故への対応策が必要だとの声も。

    《歴史と伝統を伝え続けるため、地域の方々が団結できる絶好の機会だから残すべき。ただし、事故が多い「やりまわし」などは、やり方を見直して安全優先にする必要はある》(52歳男性/会社員

    《長年続いてきた伝統を簡単に潰すべきではない。だんじりをひく地元の人にとっては事故やケガは当たり前になっている。その意識を変えて事故やケガをなくす努力をすれば良いのではないか》(53歳女性/パート

    一方で、無くすべきと答えた人からは安全面を懸念した意見も。

    《毎年ではないが、参加者の死亡のニュースが流れる。やはり街中で行われるのが危険だ。渋滞も発生するし、開催するなら道路ではなく河川敷とか広い土地で行うべき》(62歳男性/パート

    《昔の人と今の人は体力が違う。たとえば、普段スーツデスクワークしてる人がいきなり行っても体が対応できない。昔は普段から体を使い、いろんな意味で感覚的にも対応出来ていたのかもしれない…瞬間的に避けるとか。今の人にも無理なく出来る形にしていかないと存続は難しいと思う》(50歳女性/専業主婦)

    事故以外の要素を指摘し、無くすべきだと主張する人もいた。

    《参加者の行儀が悪く、乱痴気騒ぎが目に余る。関係ない人にとっては迷惑でうるさい》(49歳女性/会社員

    《だんじりのある地区に住んでいると、お花代という団員の酒盛り費用に充てられる寄付を求められる。それに曳き手が足りず、他の地区に応援を要請したりと現代では限界だと思う》(62歳女性/専業主婦)

    ちなみに、「だんじり祭に参加したことはありますか」という質問に対しては、「参加したことがある(曳き手、大工方、鳴り物など)」と答えた人が12%、「見物したことがある」と答えた人が26%、「参加したことがない」と答えた人が62%。4割近い人がだんじり祭に行ったことがあるという結果になった。

    伝統ある祭をこれから先も続けていくには、地域住民の理解を得ることと安全面での改善が必要なようだ。

    3モヤモヤ (2)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    だんじり」もしくは「だんぢり」とは、日本の祭礼に奉納される山車(だし)を指す西日本特有の呼称。「楽車」・「壇尻」・「台尻」・「段尻」・「山車」·「地車」とも表記される。 主に近畿地方・中国地方・四国地方などの祭礼で登場し、「曳きだんじり」と「担ぎだんじり」の2種類に大別される。地方によっては、太…
    1キロバイト (137 語) - 2023年5月8日 (月) 13:19



    (出典 www.itec-n.jp)


    伝統的なお祭りなのでなくしてはいけないし、何故事故が起きるのか安全性を重視してだんじりを存続させてほしいと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「だんじり」は存続すべき?事故や怪我問題に様々な声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『食べること』は、生きるために必要なのはもちろん、人々に幸福感を与えてくれるものでもあります。

    しかし、時には食事による食中毒で、身体に危険がおよぶことも。

    自宅で食材を調理する時や、店で食事をする時など、さまざまなところに食中毒の危険は潜んでいます。

    石川県で892人が食中毒 原因は…

    2023年8月、石川県河北郡津幡町にある飲食店で食中毒が発生。

    滝のそばで流しそうめんを楽しむことができるスポットで、食事をした人たちが相次いで腹痛などの症状を訴え、最終的な患者数が892人にのぼったことが分かりました。

    FNNライムオンラインによると原因は、湧き水に混入したカンピロバクターとのことです。

    湧き水に混入したカンピロバクターによるもので、石川県によると、1,298人から相談が寄せられ、このうち18都府県の1歳から80代の男女あわせて892人が食中毒の患者と確認された。

    FNNプライムオンライン ーより引用

    2023年10月現在、店側は損害賠償の支払い対応を進めており、支払いを終えた時点で廃業すると発表しています。

    石川県は、井戸水や湧き水を飲用に適する水として使用している飲食店などに対し、適切な管理を実施するよう呼びかけました。

    ネットでは、892人という人数に食中毒の症状が出たことについて、驚く声などが上がっています。

    ・湧き水は怖い。きれいだと思いがちだけど、油断はできませんね。

    流しそうめん食中毒になるイメージがなかったから驚いた。水が原因とは盲点だったか。

    すごい人数だけど、水が原因なら納得…。これは恐ろしいね。

    身近で怖い、カンピロバクター食中毒

    カンピロバクターといえば、生の状態の鶏肉に付着していることでよく知られています。

    ニワトリや牛などの家畜だけでなく、野鳥や野生動物といった多くの動物が保菌しているもので、身近な存在です。

    厚生労働省によると、カンピロバクターによる食中毒は、日本で発生している細菌性食中毒の中で、近年最も発生件数が多いのだとか。

    加熱調理が不十分な鶏肉や牛のレバーは食べない、殺菌処理がされていない井戸水や湧き水を飲まないなど、私たち自身も暮らしの中で注意をしなければなりません。

    心身に栄養を与えてくれる食事で、苦しい思いをしないよう、改めて意識したいですね。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    FNNプライムオンライン


    (出典 news.nicovideo.jp)

    毒素型食中毒 - 原因物質が毒物として作用。 化学性食中毒や自然毒食中毒はすべて毒素型食中毒である。 感染型食中毒 - 病原体への感染による作用。 細菌性食中毒やウイルス性食中毒では、その原因病原体によってタイプが異なり、感染型食中毒を起こすものと、毒素型食中毒を起こすものがある。細菌性の毒素型食中毒
    58キロバイト (8,073 語) - 2023年10月8日 (日) 10:03



    (出典 japaclip.com)


    まさか流しそうめんで食中毒になるとは思いもしなかったでしょう。
    食事を提供する側は安全確保に十分な配慮をしてほしいと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【食中毒892人!流しそうめんの意外な盲点に驚愕の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    モデル百貨は、「MoneyGeek」にて、パートナーのいる男女(社会人)1,000人に対して調査を実施。

    デート代は男性が支払うべき」という風潮に対する意識調査をはじめ、実際のデート代支払い配分や、支払い配分に対するホンネなど、デート代に関するさまざまな調査結果を紹介しています。

     

    MoneyGeek「パートナーのいる男女(社会人)1,000人に対して調査」

     

     

    <記事リンク>

    「男女1,000人「デート代の割り勘」事情を調査!男性が多く支払う風潮は根強いが、割り勘を望む女性も37%」

    男女1000人「デート代の割り勘」事情を調査!男性が多く支払う風潮は根強いが、割り勘を望む女性も37%


     

    アンケート調査の背景

    かつては「デート代は男性が支払うもの」という風潮が強く、実際にデート代を多く(あるいは全額)支払っていた男性も多かったのではないでしょうか。

    しかし時代は変わり、価値観も多様化しています。

    そこで現代ではどう変化しているかを調査してみました。

    本記事では、パートナーのいる社会人(独身)男女1,000人にアンケートを実施。

    飲食費や遊興費など、ジャンル別にデート代の支払い配分について聞いてみました。

    さらに、この支払い配分についてのホンネもまとめています。

    【調査概要】

    調査対象 :パートナーのいる社会人の男女1,000人(男性488人・女性512人)

    調査地域 :全国

    調査期間 :2023年8月7日8月11日

    調査主体 :MoneyGeek編集部

    調査委託先:アイブリッジ株式会社

     

    アンケート調査記事でわかること

    ・「デート代は男性が支払うべき」という風潮に対しては62%の男女が同意派

    ・飲食費や遊興費は男性が全額、もしくは多めに支払うケースが多い

    ・マイカーを使うデートの場合は所有者が支払うケースが多い

    デート代の支払い配分について37%の女性は割り勘を希望

    そのほか、年代別や交際期間別の意見をはじめ、デート代の支払い配分についてパートナーと話し合っているかどうかなどの調査結果もまとめています。

     

    アンケート調査の結果

    記事で紹介する調査結果の一部を紹介します。

    支払配分ホンネではどう思う?

    まず「デート代は男性が支払うべき」という風潮についての意識調査を行ったところ、「ある程度は同意」がもっとも多く(男性44%・女性47%)、「同意する」という回答と合計した同意派の割合は男女ともに62%という結果になりました。

    ●飲食費の支払い配分

    飲食費どちらがどれだけ払う?

    レストラン居酒屋など、飲食費の支払い配分について聞いたところ、男性は「自分が全額」「自分が多め」と回答した人の合計が70%、女性は「パートナーが多め」「パートナーが全額」と回答した人の合計が51%となりました。

    本記事では飲食費の他に、遊興費やマイカーを使ったデートの交通費についても支払い配分を調査しています。

    ●支払い配分に対するホンネ

    どう思う?男性が払うべきという風潮

    現在のデート代の支払い配分について「自分はどうしたいか」を聞いたところ、男性で一番多かったのは「自分が全額でも問題ない」の44%、女性は「割り勘がいいと思う」の37%でした。

    「男性が支払うべきという風潮」があることには男女ともに同意しているものの、「自分としてはどうしたいか」については、割り勘を求めている女性が37%いることが印象的です。

    本記事では「なぜそうしたいのか」についても調査しています。

    デート代の支払いルールについて話し合っているか

    デート代について二人で話し合っている?

    デート代を支払う配分について「パートナー話し合いルールを決めているか」を聞いてみたところ、一番多かったのは「話したことはない」48%でした。

    「話したことはあるがはっきりとは決めていない」と回答した人も合計すると、実に80%以上のカップルが明確なルールを決めていないというのもわかりました。

    Copyright © 2023 Dtimes All Rights Reserved.

    The post デート代は男性が支払うべきは62%!MoneyGeek「パートナーのいる男女(社会人)1,000人に対して調査」 appeared first on Dtimes.



    (出典 news.nicovideo.jp)

    割り勘(わりかん)とは、二人以上の人数で利用した飲食店などの支払いをする場合に、 参加者の人数で同等割にして代金を支払うことである。「割前勘定」の略。本項で詳述する。 なお、1割勘定、2割勘定など参加者の立場を鑑みて均等に割らずに行うこともある。例えば先輩後輩、上司部下など。 参加者が自分の食事の代金を自分で支払うこと。…
    12キロバイト (1,905 語) - 2023年6月9日 (金) 14:49



    (出典 otonanswer.jp)


    デート代を払ってもらうのは気が引けます。私はは割り勘の方がいいな。

    <このニュースへのネットの反応>

    【デート代は男性が支払うべき?男女1000人の調査結果がこちら】の続きを読む

    このページのトップヘ