ストップ (2)


クルマの大型化や安全性能の向上によるものもありそうだ

 ガラガラ駐車場であえて隣に止めてくるトナラーなど、以前であればありえなかった行動があったりするが、最近気になるのが、赤信号で止まるときに停止線のところで止めない人が多いことだ。法律的には「停止線の直前」とあり、大きく離れているのはダメ。直前とはどういう状態なのかというと、教習所ではバンパーも含めて車両の前端が停止線よりも出ないように教えている。

 そんな堅苦しいことをキッチリと守れと言う気は毛頭ないが、最近増えているのは停止線の手前、1mぐらい。ひどいときはそれ以上で止まってしまうクルマで、なかにはクルマ1台分ぐらい開いていることも。早めに止まるのだからいいのでは、と思うかもしれないが、後続として流れを重視している場合、数台前の動きも先読みして走っている。それが停止線までいかないで急に止まるのだから、リズムは狂うし、危険でもある。やはり「信号が赤なら、そこに対して車列全体で停止線を先頭にしてスッと止まる」のが安全だし、気持ちの部分でも違和感はない。

 では、なぜそんなに手前で止まってしまうのか? いちいち降りて行って聞くことはできないので、調査としては完全ではないのだが、周囲に聞いたりして、わかっている範囲で整理してみると、こうなる。

1)アイドリングストップ

 一部車種では車両が停止したらエンジンが止まるのではなく、減速途中で作動するクルマがある。つまりいきなり空走状態になるので、そこでブレーキを踏んでしまって手前で止まってしまうというパターンだ。

停止線で止まらない人が増えている理由

2)スマホを早くいじりたい

 厳罰化されようが、とにかく運転中に見ている人は多いし、見ていないにしても手に握りしめて止まったらすぐに見だすことも多い。つまり停止線まで我慢できず、止まれるところで止まって、早く見たいという気持ちがそうさせているようだ。端で見ていると、止まるとすぐにスマホをいじりだすので、理由としてはわかりやすい。

停止線で止まらない人が増えている理由

3)クルマが大きすぎて錯覚する

 衝突安全性もあり、どんどんと大きくなっているのはご存知のとおり。各メーカー、努力はしているが、そうなると見切りは悪くなりがち。女性に多いのが、前方下方まで見えないという例で、そうなると停止線で止めているようで、じつはがら空きということになる。

停止線で止まらない人が増えている理由

4)なにも考えていない

 クルマが快適になりすぎたのか。安全装備などがそうさせているのか、なんとなく走っている人が増えている。とりあえず赤信号だから止まればいいだろう的な気持ちになるという声がいくつかあった。信号は守っているからいい、と言い切る人も。つまりメリハリがまったくないというか、それすら意識しないドライバーということだ。

停止線で止まらない人が増えている理由

 以上、大別するとこの4つになるようだが、今後も聞き取りも含めて、その背景にあるものを探ってみるつもりなので、新事実がわかったらまたリポートしたい。



(出典 news.nicovideo.jp)

アイドリングストップとは、自動車やオートバイが無用なアイドリングを行わないことを意味する和製英語である。遊休停車、停車時エンジン停止、アイドストップとも呼ばれる。英語では idle reduction または no idling といい、機構そのものは start-stop system という。
26キロバイト (3,201 語) - 2020年8月8日 (土) 02:47


2車線の場合、あえて隣の車とずらして止めてしまいます。

<このニュースへのネットの反応>

そもそもそんな車まったく見かけないけど、どこかにそういうデータあるんですか?


感応式信号でこれやられると信号変わらず永遠止まってることになる


道交法守らない奴はどんな媒体でも守らない


可能性の一つとしては、バイクの左折巻き込み防止ゾーンに慣れきっているからか…な?


自分の周りでそんなのが増えているとは思わないが、あるとすれば3的な4?


“後続として流れを重視している場合、数台前の動きも先読みして走っている。それが停止線までいかないで急に止まるのだから、リズムは狂うし、危険でもある。” 先読みで失敗したり車間距離詰めすぎで危険な目に合ってるのは記者さんです、まずは自分の運転を見直そう。


スマホは論外だかサムネの停車位置程度空けて止めるのに文句はイチャモン。 その人が持っている安全車間距離から来るクセと言う事もある。


追突されたときに歩行者を玉突きしないための配慮かと思ったのに。


画像が赤信号の停止線じゃないの草


これ(2)と(4)で若年層ドライバーにとりあえずケチつけたくて書いた感すげぇな。調査としては完全ではないのだが~とか言って明確にどういう人たちに聞いたか書いてないあたり、頭の中で都合のいいこと言ってくれる知り合いにしか聞いてなさそう。


増えている「気がする」にタイトルを変更したほうがよろしいかと


手前どころか大幅に超えたところで止まる奴ばかりなんだが。


停止線や車間を大目に取って止まるのは別に気にならんが、その後信号も変わってないのに動き出す奴はなんなんだろうな。ブレーキ踏むの疲れるんだろうか


停止線を超えるのはもちろん、ちょっとでも停止線に乗ったらその時点で違反、信号無視なんだが?この記事かいたやつどんな無能だよ?


はみ出されるよりは、大変結構。


もし理由があるとすれば1くらいか。2だと信号で停止する車全てが対象になるので先頭の車に限らない。3、4は最近増えている理由になってない。ミニバンブームの時にも大きな車に小さな女性が座席に埋もれるように乗ってる姿はよく目にしたし、何も考えずに運転する奴はそれこそいつの時代にもいる


停止線1m位手前に停車なら問題ないだろうに。それと、車1台分空けて止まる車は「停止線が見える位置で止まっている」のだろうな。


これは便所の落書き・・・えっニュースなんですか?ほどほど早めに止まるのはむしろいいことなのでは。


増えているかどうかわからんが、前の車がだいたいどの辺で停車するかある程度予測して運転するだろうし、予測と違っても自分は止まれるように走っていても後続の車が止まってくれるとは限らんし、極端なのは危ないと思う。いろんなことが自動になっても漫然と運転するのではなく、周りから見て自分はどんなふうに見られているか意識して運転してほしい。


停止線思いっきりはみ出してるやつしか見ない…


しっかり停止線前で止まってるのに右左折で入ってくる車が下手くそ(接触しそう)でヒヤヒヤする事は割とあるから「しっかり停止線前で止まってる」という事をドラレコに写したい為に止まってる人もいるんじゃないかな。


画像が捏造だから、記事も捏造だろ。


感応式信号だと気付かずにずっと止まってる人時々いるよね


それよりウインカー出すのがムチャクチャ遅い車はなんなんだ。信号が青になってから出すとか停止線越えてから出すとか遅すぎるんだよ。教習所からやり直してこい


教習所だと停止線がギリギリ見えるくらいで止まればいいって教わった気がするけど


一台分手前で停車されるだけで調子狂うなら、運転中調子狂うことしか起きてないと思うぞ。危ないからもう運転はやめとけ


でっかいトラックに多いな。手前で止まって信号変わる前に動き出す奴が。


交差点で線結構ぎりだと大型トレーナーが曲がってこっち突っ込んできたとき掠りそうで怖いんだよな


“後続として流れを重視している場合、数台前の動きも先読みして走っている。それが停止線までいかないで急に止まるのだから、リズムは狂うし、危険でもある。” 車間距離取れって教習所で習ったろw


記事中「後続として流れを重視している場合、数台前の動きも先読みして走っている。それが停止線までいかないで急に止まるのだから、リズムは狂うし、危険でもある」勝手な憶測で、目視される事実に基づかずに運転するお前の方が格段に危険。停止線からの距離に関係なく、急ブレーキなら危険だし段階的減速なら問題ない。(バイパス/高速等、そもそも停車を推察しない場所は別)


これスマホに関しては結構あると思うよ。 ①走行中異常な車間距離 ②停止時停止線より明らかに手前 ③発進時のタイミングの遅れ ④白線からははみ出さないが枠内での蛇行 普段2輪に乗ってるからよく見えるしよく見るねー


大型車が右折する交差点では、地元民は安全マージンとして停止線よりかなり手前で停止する。


停止線を越えて横断歩道の上で堂々と止まる車の方が圧倒的に多い。


となら―って初めて聞いたけどどんな動機でがらがら駐車場でとなりに停めるの?


まぁ自分も手前で止まりがちだけど、近所の交差点が狭いのにデカいのがガンガン曲がってくるから潤滑に曲がってもらうための癖になってるなぁ。てか赤信号で止まってもスマホはダメだろ・・・・。


前の車の停止に反応できない運転以上に危険な事あるん? >それが停止線までいかないで急に止まるのだから、リズムは狂うし、危険でもある。


一回止まったのに、数秒後にまた動くのとか意味不明。最初から詰めて止まればいいのに。


歩行者側横断歩道青で渡ろうとしてもお構いなしノーブレーキで右折や左折したり、バスが右に曲がるの待ってる横側左から外回りから右折(歩行者側の横断歩道どころかオーバーで曲がってるためハンドルが切れてなくてブロック乗り上げてくる)とかよく見るんだけど


別に統計とったわけでなく記者がなんかふとそう感じた、ってだけの話によくこんな妄想長々くっつけるもんだな。ちなみに、妄想を鵜呑みにしないのがネットリテラシーだってみんなわかるよね?


慣性止めるために徐々に減速しながら止めてるんで、減速はやすぎておもったより手前にとまっちゃうことはままあるがそんなにいかんのか?ていうか急ブレーキじゃなかったら予測間違えることなんてないと思うが・・・


え?めちゃくちゃいっぱいいるぞ?これと信号変わってもすぐに発進しないやつは毎日必ず見かけるぞ。


ちなみにこの記事書いてる近藤暁史なる人物はひっどい記事書いてる常習犯でハッシュタグまである模様。


これ書いてるやつが頭おかしいことだけはわかった


>ガラガラの駐車場であえて隣に止めてくるトナラー  これって隣に止めたいっていうより、施設の入り口にできるだけ近い場所に止めたい心理が働いて集中してるだけなんじゃないの?


停止線無視してやってご覧。すぐ後ろにポリスメンが張ってて逮捕&刑務所へ連行されるから。


記者は信号のたびに車を降りて前の車の停止線からの距離を測定してるのか、すごいな。そのデータを公表してはいかがかな?


この記者のような人が行くところまで行ったら『運転を妨害された』っと被害者面で煽り運転するアホの出来上がり


うちの地元だと対向車線側は交差点からかなり下がったところ停止線ある。で、そこに強引に入り込んで、トラック曲がってきて立ち往生っていうコンボイ級のいい考えをもったドライバーが少なくない。逆に、どう見ても2台分以上あけて停止する奴もそこそこいる。愛知と交通事故件数競うだけあるって思う。


夏場になると停止線より数メーター手前にある街路樹の木陰に止まる人が多くなる。