少子高齢化 (2)


お笑いコンビメイプル超合金カズレーザーが20日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。不妊治療への保険適用の話題で、少子化対策について私見を述べた。

■不妊治療を少子化対策はまた別?

番組では、菅義偉内閣が掲げる不妊治療への保険適用の拡大について特集。現在、初期の不妊治療については保険が適用されているものの、「体外受精」などは保険適用外で高額だ。これが保険適用になることで、経済的負担が軽くなる家庭は少なくないだろう。

カズレーザーはこのことについて「少子化対策の一個の手立て」としたうえで、「これが一番いいアイデアだってのはちょっと違うと思ってて。不妊治療っていうのは、そもそも子供が欲しいのに授かれない方に向けたものであって、少子化というもので語るのは違う」と私見を述べる。

関連記事:カズレーザー、マネージャーの陰の気遣いに感動 エゴサを使った秘策が天才的

■少子化は「制度的な問題」

さらに、「一番の問題は、若年層が子供をつくるにはお金がかかったりとか、子供を生むのに仕事を辞めなければいけなかったりとかっていう制度的な問題」とし、「そこを解決しなければ少子化なんて絶対に解決しない。そこを一緒にくらべるのは、ちょっと違うんじゃないかと思いますね」と問題を指摘した。

不妊治療の負担軽減も大切としながらも、少子化対策とはまた別の問題とする指摘に、SNS上では「ほんとそれ」「私も同意見です」など称賛する声もあがるが、一方で「がっかりする」「何を言ってるんだ」と否定的な声もみられるなど意見は割れている。

■経済的に余裕なら子供を育ててもいい?

カズレーザーが指摘するように、経済的な事情によって子供をもつことに消極的になっている人も少なくないはず。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名に調査したところ、全体の45.9%が「経済的に余裕があれば3人以上子供を育てても良いと思う」と回答。性年代別で比較すると、全年代で女性よりも男性の割合が高い結果となっている。

また、別の調査では75.8%が「カズレーザーのコメントは的確だと思う」と回答しているが、今回の発言についても「よく言ってくれた!」と感じた視聴者は多かったのかもしれない。

・合わせて読みたい→カズレーザー、家の鍵を忘れてしまい… その後のインスタ投稿に爆笑

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)



(出典 news.nicovideo.jp)

少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈による。
85キロバイト (12,427 語) - 2020年8月18日 (火) 00:41


カズレーザーの言う通りだと思います。少子化問題を何とかしないと日本の将来は先行き不安です。

<このニュースへのネットの反応>

子供を作らない理由に「金」を挙げてる奴はたとえ金があっても/手にしても子供は作らんよ。それだけは断言しといたる。 これを否定できるのは自分と相方と子供の人生をとことん金勘定で語れるク○だけやからな(笑)


>thousand 共働きで家事したくない、趣味に金使いたいとい、自分のために金つかいたい人はそうだろうね。カズレーザーがいってるのは2人目ほしいけどそうすると1人目の大学費用とかなくなるから2人目はつくらない。結婚したくても金がないからプロポーズできない。というような「したい人向け」だとおもうけど。


とんでもない裕福な家庭じゃない限り、一生金勘定していかないと生活成り立たないと思うんですけど


一方で、金も無いのにポコポコ子供作る奴はクズとか まあ口性無い人は言うでしょうな  現実的に養育費の確保が難しい人が子供作って生活成り立つのかって話ですわなこれ


 別に少子化対策としてそれしかしないって訳でもないだろうし、不妊治療の保険適用を明言するのは良い事じゃないか 


むしろ金の事考えないで子供作った親が捨てたり虐待したりしてる気もするんだがな。


少子化対策を諦めて、日本が終わることを認めることも大事だと思います。この日本の終末感が好きな人達いっぱいいるでしょ?


少子化対策の根源は景気・雇用対策だ。経済的な余裕が下支えとなるから、クルマ・結婚・家・子どもと生活範囲を広げていける。貧乏人が考え無しに子ども作ると揶揄する輩も狭い一面では正しいが、考え無しに子どもを作ってもなんとかなる時代は実際にあり、その根拠はどうとでも食わせていける働き方の選択肢があったから。今みたいにカネも未来も現役層に与えず問題解決ができるか!


とっとと若いうちに子供作ればよかったのにアラフォーくらいから「やっぱ子供欲しい」ってなって不妊治療し出す奴らに限ってはカズレーザーの発言に非難する資格はねぇ


不妊治療への保険適用自体は間違った施策ではないが、それが少子化対策の一環だというなら正しくはない。不妊治療をしてでも子どもを授かりたいという層は、すでに一定の所得があり、治療を終えても子どもを養っていけるだけの経済的なバックボーンがあるから不妊治療に踏み切れるのだ。つまり、その経済的余裕がない層には恩恵が当たらない棄民政策だとなぜ気づけない?


生活にゆとりが生まれれば心にも余裕が生まれる。金銭的な余裕があれば個人としての時間を作り出せるけど、かつかつだったら苦しさが表に出てしまい暴力や衝突が絶えないだろう。


>ゲスト いや、純粋に身体的理由などからなかなか妊娠しなくて、それでも自分たちの子供が欲しいからどうにか費用を捻出して不妊治療をしてる人も普通に居るぞ。中には親兄弟に金銭や家事のサポート等で援助してもらったりするケースだってある。金銭的に余裕のある人だけがやっているわけじゃないんだから、余裕の無い層には恩恵が無いってことはない。効果の大きさは微妙だけどな。


子供作らないなら結婚する必要もなくね?


少子化対策と言えるかどうかは分からないけど、結果的に子供は増えそうだから、いいんでないかな。若者全般が子育てへの意欲や、それをできる環境を持てるように‥なんてのは、いかにも途方も無い話だし、具体的で現実的なところから手をつけている感じがする。


少子化対策か…国が男女お見合いの場を用意してそれで結婚して子供産んだら付き10万の支援金を子供が18歳になるまで支援を続ける。この位すれば結婚して子供を産む率が増える気がする。


子供に使うお金を自分の為に使いたいだけ。「自分(親)が楽しい思いをして、その上で子育てできる」レベルにしなきゃ文句言ってくるでしょ。


子供を作るために結婚するなら、世帯収入1,032万円(子育て世代の理想の年収)以上じゃないと結婚できなくなってしまうな。別にいいけど。


ここのコメント欄を見る限りでは少子化はなるべくしてなったんだなって納得する


上で考えなしに子供を~って言ってる人いるが不妊治療をしてる人にそんな人はいないのだから関係ないのでは・・・?


制度的に未成熟な過去の日本や途上国が人口増加してるんだから制度より意識の問題なんじゃ無いの?先進国化するにしたがって個人主義化するんだから他者である子の為に人生を浪費しようとする人が減るのは自然の流れ、二人目三人目が欲しい人達自体が減少していくのだからその人達に金銭与えても少子化は止まらない、焼け石に水だろうね。もう諦めて人口減少受け入れてどうぞ。


若者が結婚(身を固める)を嫌がるのなんて世界共通、大昔から一貫してのこと。(なので親・親戚などが見合いさせたりして無理やり結婚させてきた)「若者はカネガー」「コレダカラ日本ハー」してる奴らはいかにも最近できた問題かのように他人に自分の責任を押し付けてるだけ。


今どきの者はガキがガキを作るのは一丁前だが犬、猫と同様で育てるのにダメ。育児放棄、虐待をする。正直に言って畜生以下。


特に自民に対しての批判に多いんだけど、これが一番良いんです、これしかないんですなんて一言も言ってないのに勝手に脳内でこれが一番だと思っている自民議員はズレてるとかレッテル貼るの何とかしろよ


載せる写真に悪意がありすぎる。


虐待だの育児放棄だのは、ごく一部の悪い例に過ぎない。内容が残虐なのと情報速度のせいで一気に広まるから悪目立ちしてるだけ。大多数の人はちゃんと産んだ時に母の自覚を、育て触れ合った時に父の自覚を得てるよ。金の問題も似たようなもん。安心しろ、ネットやテレビだけじゃなくちゃんと現実見れば普通の親子いっぱいいるから。


自分の子供の為に自らの生活を犠牲にしたくない、ならば国が制度保障して金や手間を引き受ければ良い?自分の子の為にすらそれを惜しむ奴らの集まりでしかない個人主義化し自己責任を是とする国がどうして他人の子の為にそれを引き受けると思うのか?公助なんて自分が受けるのはいいが重税で支えるのは御免だと少子化対策が進まないのは必然だと思うが。


少子化対策の一部だとは思うけど根本には触ってないよねとは思う。単純に男性だけで家計を支えられる収入があれば出産母数が増やせる。出産する女性が働いて人口が増える道理が無いんだからね。


そこらへんの子連れを見てもまともに躾してる家は少なそう


言ってる事は真っ当すぎる、反対してる様な連中も言われたのが菅や自民じゃなければ賛同してた事だろうさ。


不妊治療って薬飲んでとか注射だけの治療で授かればまだいい(それでも年数が長いと金額は勿論嵩む)けど、体外受精なんて何十万単位。年齢的に不安だからとか、計画的に二人目は体外受精でって人はいるがしたいけどお金かかるから諦めてる人はもっと多い。皆がお金ないから、共働きだから子供欲しがらないとは限らない。環境を変えていくことも大事だし、授かる手段を増やすのも大事。


報道のしかたに対する疑問だよな


少子化の根本的理由を制度的な問題としてしまうと失業率が高く平均年収が低い、育休休業がない所も多くて待機児童が多い沖縄が出生率全国1位になるのと矛盾が生じる。見習うべきは、なんくるないさー精神。


基本的にカズレーザーの言う通りだと思うけど,制度上の問題のほかに昔は祖父母や地域が子育てに関与することが多かったけど最近はプライバシーの高まりや都市化,核家族化でそういった風潮がなくなったことや大卒くらい普通という風潮で教育費が沢山必要になることで子育ての負担感が増しているのもあるんじゃないかなぁ。