冒険家 (2)

未開封の古代エジプトの棺を発見


 エジプト観光考古学省によれば、古代エジプトネクロポリス(埋葬地)だったサッカラで、2500年前の棺が少なくとも13基発見されたそうだ。

 地下11メートルの竪坑墓に埋葬されていたそれは、奇妙なことに積み重ねられた状態で安置されていた。

 素晴らしいのは発見された時点で棺は完璧に密閉されていたことだ。つまり埋葬されてから2500年間、盗掘者によって荒らされることなく、当時の状態を今に伝えているということだ。

 保存状態は良好で、中には当時の色がそのまま残されている棺もあるそうだ。

―あわせて読みたい―

壁面を覆いつくすような色あざやかな壁画が!4000年以上前の古代エジプトの高官の墓が発見される
2600年前のエジプト殺人事件、謎の死を遂げた女性のミイラ分析で真相が明らかに
長年研究者が勘違いしていたミイラの正体。鳥ではなく人間の胎児だったことが判明(古代エジプト)
古代エジプト第15王朝を支配したヒクソス族は外国人勢力ではなかった
古代エジプト時代の猫・鳥・へびのミイラ。その内部が高解像度のマイクロCTスキャンで明らかに(英研究)


Discovery of a deep burial well with more than 13 human coffins closed for more than 2,500 years

古代エジプトのネクロポリス

 カイロから南に30キロ離れたサッカラは、かつて古代エジプトの首都メンフィスネクロポリス(埋葬地)だった場所だ。

 色鮮やかな碑文が描かれた数百もの王家の墓が見つかっており、地上にはピラミッドや神殿といった神に捧げる巨石モニュメントが点在する。

3_e5

今回発見された棺の1つ image by:Egyptian Ministry of Tourism and Antiquities

 エジプト初期王朝の遺跡からローマ属州時代の遺跡までが存在するエジプト考古学にとってはもっとも重要な地で、1979年にはユネスコ世界遺産に登録されている。

数々のおどろくべき発見

 もっとも重要と言われるだけあって、この地では数々のおどろくべき大発見がなされている。

 たとえば、昨年は発見された「クウィ(Khuwy)」という人物の墓は、壁面全体に色鮮やかな壁画がほどこされた壮麗なものだった(関連記事)。この人物は、エジプト第5王朝(紀元前2498~紀元前2345年頃)のファラオ、ジェドカラー王に使えた高官だと考えられている。

 2018年には、やはりエジプト第5王朝のネフェリルカラー王に仕えた神官の墓が見つかった。この人物の名は「ワフティ(Wahtye)」といい、生前は「神聖な検査官」として知られていたようだ。彼の墓からは人や神々をかたどった55体の像も見つかっている。

 ほかにも365体のウシャブティ(小型の人形の副葬品。それぞれが1日を表す)や、木製のオベリスクに囲まれた創造神プタハの木像、数百体にも及ぶ動物のミイラ(ワニ、コブラ、トリ、ネコなど)など、近年だけでもこれだけの発見がある。

2_e4


まだまだ棺が隠されている可能性


 2019年にはルクソールの墓地遺跡アル・アサシフで木棺30基が発掘された。一度にこれほどの棺が発見されたのは100年ぶりのことで、こちらも世紀の大発見と話題になったのだが、今回の見つかった木棺の数もそれに負けていない。しかも木棺はまだまだ隠されている可能性があるとのこと。

 棺のほか、壁龕が3つ発見されている。もし副葬品などが見つかれば、埋葬された人物の身元や地位、さらには古代エジプトの埋葬の習慣についてうかがい知る手がかりになることだろう。

References:ancient-origins. / sciencealert./ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294655.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

639年かけて演奏する「世界一長い曲」が7年ぶりに演奏(ドイツ)
まだたくさんある。我々が古代マヤの人たちに教わること
思い出の場所の今と昔を比較した、ビフォア・アフター写真
バイキングの傭兵地区がイスタンブールの近くで発見される(トルコ)
時代を先取りしていた10の武器・兵器

―知るの紹介記事―

11歳の少年が祖母を救うためベンツ車を運転。公道を走り家まで運ぶ(アメリカ)
お口のまわりに食べ物がついてる猫のかわいさとクリーチャー感を存分に味わうの会
コンテナの中に2か月間閉じ込められた猫、結露を舐め蜘蛛を食べて生き延び、無事生還(イギリス)
639年かけて演奏する「世界一長い曲」が7年ぶりに演奏(ドイツ)
車を修理中下敷きになってしまった男性。警察官と隣人が力を合わせて救出劇(アメリカ)


(出典 news.nicovideo.jp)

ネフェリルカラー(ギリシャ文字表記:ΝεΦερχερης)とは、古代エジプト第5王朝の3代ファラオである。ネフェリルカラーは先王サフラーとその妃、メレトネブティ(英語版)の子として生まれた。彼はラーネフェルAとも呼ばれ、彼の歿後はシェプセスカラーが王位を継いだとされるが、ネフェリルカラー
5キロバイト (542 語) - 2020年3月6日 (金) 01:38


古代エジプトにはまだ見つかっていない遺跡があるみたいですね。

<このニュースへのネットの反応>

漫画だったら第一話くらいのやつ。


未知のウィルス、封印された古代の遺産、実は生きていたor復活した棺の中身等々…。いろんなネタが思い浮かぶな!


積み重ねられてたってことは、退避かなんかで押し込めたのかな?いずれにせよまだまだ眠ってるってことだよね!楽しみ!!


これ調査のために発掘するのはいいけれどちゃんと元の状態に完璧に戻せるんだろうか?たぶん無理だろうけど、考古学会って遺跡をオリジナルの状態で後世まで残す方法って研究してるんだろうか。


ミイラとなり一番底にあるモノを封印していた神官たち。発掘によって解き放たれたソレを再び封じるため現代に蘇る!ノンストップミイリックアクション大巨編!みたいなB級映画。もうありそう。


眠りを妨げられし王家の魂!今復讐の時をむかえる「十三体の怒れるミイラたち」ご期待ください。


埋葬した当時はこんな後世に掘り起こされるなんて思ってなかっただろうね。てことは今のお墓も数万年後に考古学の追及で掘り起こされるのかもしれんのね。


やはりエジプトか・・・いつ出発する?わたしも同行する


知的欲求か金銭的欲求かの違いだけで、正直合法的な現代の墓荒らしだと思う。調査が終わったら元あった場所に戻してやってほしい。もちろん警察による保護管理下で。


ロマンですね!でも、自分が*で何百年もたってから掘り出されてこれは何年の何時代の人の骨で何歳で死因はこれで火葬されたとかやられるのはすごく嫌だなって思いました。


ホラーの冒頭


「13」って数字が気になる…(13日の金曜日世代)


>>ooshironeko  経年劣化や保存環境による劣化破損の修復復元、クリーニング、以降の劣化対策処理等々研究されまくってる。未知の文明遺跡なら分からんでもないがエジプト文明の遺跡を発見当時の状態にしか戻せないとか只の無能の集団


これはロマンシングホラーですわ


謎の神器!調査関係者の突然の不幸!消えたミイラ!ってテンプレが発生するやつ


12人に2500年間マウント取られてた一番下の人、お疲れさん。


13ってのが気になるな。実は墓守役の連中で、墓を護るために動き出すかもしれん。対アンデッド魔法とか聖なる武具一式を用意して発掘を続けた方がいいぞ?


イーロンマスクはなんでエジプト行ったんだろう、関係あるのかな


【宿命を また呼び覚ます】


ミイラって意外に江戸時代でも身近な存在で、木乃伊を薬として輸入していたとか。


遊戯王ならこれが原因で世界崩壊しかけてカードゲームで解決するしかなくなるな。


アサイラムのおやつ


埋葬されて安らかに眠ってる霊魂や埋葬した人々にとってはこいつらも発掘ではなく盗掘だけどな。発掘とか綺麗ぶってるんじゃねえよ。


聖杯戦争に呼ばれる頃には、みんな美少女になってるんだぜ


 ハ ム ナ プ ト ラ 4


特撮ならこの後日本に来る


これは間違いなく、封印解除からの厄災発生、人類滅亡フラグですわ。


グロンギ起こしちゃうやつ?(youtubeで仮面ライダークウガ配信中)


その中にニンジャソウルが入ってるんだよなぁ(ヘッズ感)